宇都宮の歩兵第五十九聯隊軍旗と、朝鮮半島出身将校で唯一聯隊長を務められた李王垠殿下について調査した結果をまとめたものです。

本書は、前篇・後篇の2分冊で刊行します。

前篇は、歩兵第五十九聯隊軍旗の歴史について、

後篇は、李王垠殿下のご経歴(聯隊長時代主体)と朝鮮出身将校の地位の変遷、李王垠殿下以外の朝鮮出身将校が聯隊長職に補されなかった理由に関する考察について、それぞれ述べます。

貴重な未公開写真や今まで不明だった事項の解明等、新情報を収録しています。

● 規格: A4版、コピー印刷、簡易製本、一部カラー、写真・図版多数

● 著者: 森下 智

【前篇】 1,500円(コミックマーケット96限定価格)

【後篇】 未定 (現在製作中です)

 

 

 

 

Copyright (C) since 2014 Japanese Society of the History of Imperial Army and Navy